戻る NO9 ももたろう カエルになったぼた餅

むかしむかし、あるところに、おじいさんと、
おばあさんがいました。おじいさんは山へしばかりに
おばあさんは川へせんたくにいきました。ある日、
おばあさんが川でせんたくをしていると、
どんぶらこ、どんぶらこと、大きなももが、
ながれてきました。おばあさんはももを
川からひろいあげました。そして、いえに
もちかえりました。「さっそく、たべるとしよう」
おじいさんがほうちょうでももをきると・・・
なんと、ももの中から元気な男のあかちゃん
とびだしてきたのです。「なんと元気な子でしょう。
おじいさん、わたしたちでそだてましょう」
「ももからうまれたからなまえはももたろうじゃ」
こうしてももたろうはすくすくと大きくなりました。
そのころ村では、おにがしまからおにがきて
あばれまわり、お金やたからものをとっていくので
みんながこまっていました。
「よ〜しぼくがおにたいじにいってくる」
ももたろうはおばあさんにきびだんごを作ってもらい
おにたいじにでかけました。
とちゅうでにあいました。
「わんわん。ももたろうさんきびだんごを一つ、ください」
「いいよ。いっしょにおにたいじにいこう」
つぎにキジにあいました。
「け〜ん、けん。ももたろうさん、きびだんごを
一つください」「いいよ。きみもぼくたちといっしょに
おにたいじにいこう。」
つぎにさるにあいました
「きゃっ、きゃっ。ももたろうさんきびだんごを
一つください」
「いいよきみもいっしょにおにたいじにいこう。」
おにがしまではおにたちがたからものを
まえにさかもりをしていました
「ぼくはももたろうだ〜よくもむらのみんなを、
こまらせたな。ぼくがたいじしてやる〜」
いぬはかみつき、さるはひっかき、
キジはつんつんつっついたり。
ももたろうはおにのおやぶんをえいっと
なげとばしました。
「ごめんなさい、も〜う、わるいことはしません。
とってきたものはおかえしします」こうして
おにからとりもどしたたからものをもっておじいさん、
おばあさんがまつむらにぶじかえっていきました。
めでたし!めでたし!