戻る NO33 雷さまの病気 NO34たぬきの手習いへ


むかし、むかし下野(しもつけ)の国、粕尾(かすお)と
言う所に智元(ちげん)というお尚さんが
住んでおられました。智元おしょうは、
その名を知られたお医者さんでもありました。
ある暑い昼さがりの事お尚さんは
弟子の小坊主をつれて病人の家から帰る途中の
事でした。「お尚さま、お暑い事で」「まったっくじゃ
蒸し暑いのう」
二人は汗をふきふき歩いておりましたが
突然、ぽつりぽつりと雨が降り始め、みるみるうちに
水桶をひっくり返したような、ひどい夕立に
なってしまいました。「急げ〜」「はい」 やがて大雨と
いっしょに、いなびかりが走りました。
「ひっや〜かみなりだ〜お尚さま、助けて〜」
「これっ、大事なくすり箱を放り出す奴があるか」
「でもわたくし、かみなりが大嫌いなので・・」
ゴロゴロゴロ〜ッ〜!ドッカン〜。
すぐ近くの木に落ちたようです。「わっ〜!」
お尚さまは恐がる小坊主をひきずって
やっとの事で寺へ帰ってきました。

「お尚さま、早く、雨戸を
閉めてください」

小坊主が言いますが
お尚さまはいなずまが
光る空をじっと見上げて
います。
「ほっほうこの雷さまは
病気にかかっておるわい」

「えっ!お尚さまは、
雷の 病気まで分かるん
ですか?」

「うむ、ゴロゴロと
いう音でな」

さすがは天下の名医です。

その夜、眠っているお尚さんの枕元にこっそり
忍び寄った者がいます。なんとまあ、雷さまです。
なんだか元気がありません。お尚さまのそばに座って
ため息をついているんです。お尚さまは薄目を開けて
様子をみていましたがじれったくなって先に
声をかけました。「どうかしたかの?なにかお困りの
ようじゃが。」
お尚さまが声をかけると、雷さまは涙を
流しながらいいました。「わし、この二、三日、ぐあいが
おかしいのです。どうか、わしの病いを治してくだされ。」
「やっぱりのう・・。」「天下の名医ともなれば、お代は
高いでしょうが・・」
と雷さまは小判を
三枚差しだしました。でも、お尚さまは知らん顔。
「え〜っ、これではたりませぬか。」

雷さまは今度は小判を
五枚差し出して言います。
「では、これでは・・・。」
「わしの治療代はな、
う〜んと高いのじゃ。」

「そうでございましょうなあ。なにしろ天下の名医で
ございますしなあ。」

「しかしまあ、銭金の話は
後にして、そこへ横に
なりなさい」

「えっ!診て下さるん
ですか」

雷さまは大喜びです。

雷さま2頁目へいくよ〜