戻る NO27 さるかに合戦 NO28 ぶんぶくちゃがまへ




むかしむかし、かにが、大きなおにぎりをひろいました
ちょうどその時さるがやってきました。
「かにさん。おいしそうなおにぎりだね。僕に はんぶん
食べさせてよ。」「だめよ家でお腹をすかせた
子がにが まっているから。」この時 さるはかにを
だましてやろうと思いました。「じゃあ とっても 
いいものと、とりかえっこしようか?」

「とっても いいものって?なあ〜に。」

「このかきの種だよ。まけばすぐに大きくなって、
甘いかきの実がたくさんとれるのさ。」

「うん、それならとりかえてやってもいいよ。」

かにさんは なんか得した気分になり
おにぎりとかきの種をとりかえっこしました。
さるはすぐにぱくぱくとおにぎりを食べてしまいました。
「ああ、うまかった。かにさんも早く種をまいて、
おいしい かきをたくさん食べてね。じゃあ、バイバイ。」

といってたちさりました。
かにさんは大喜びで家に
帰ると さっそく三匹の子かにと 種をまきました。


 
せっせと水をまきながら歌います。
「はやく、芽をだせ、かきの種 ださぬと
はさみで ちょんぎるぞ♪」
 すると
さっきまいた カキの種から 芽が出てきて、
ぐんぐん 大きくなりました。
「早く実がなれ、かきの木よ ならねば はさみで、
ちょん切るぞ♪」 
するとこんどはカキの木に、
たくさんの かきが 実りました。
「わぁ〜おいしそう〜。はやくたべよう〜」
腹ペコの 子がに達は おかあさんに とってと
さいそくします。ところが かには 木登りができません。
「こまったな〜どうしょう」 そこへさっきの さるが
やってきて
「あれ〜も〜う実ったのか。よしおいらが
かわりに とってやるよ。」
さるはするすると木に
登ると むしゃむしゃ 自分だけ 食べはじめました。
「おさるさん お腹をすかせている このこ達に はやく
とってあげてよ。」
おかあさんかにが たのんでも
さるは 知らんぷりです。
「ずるいぞ ぼくたちにも
はやく もいで ちょうだい。」
「そんなにいうなら、
これでも食べな。」
 と いうと、さるは まだかたい
青い実を 投げつけました。
ゴツーン! 
おかあさんがに に命中してしまいました。
おかあさんがには はさみがおれて 
大けがを してしまいました。
 



さるかに合戦2頁へiいくよ〜