戻る NO14  猿地蔵 NO15 とんびとからすへ

むかし、むかし、ある山に、らんぼうな猿が
すんでおった。秋になると、里に下りてきて
田や畑をあらしまわっては、村の人たちを
困らせておった。畑をあらされた働きものの
おじいさんとおばあさんは「猿たちのわるさをなんとか
やめさせる方法はないものかと、頭をなやませておった
ある日おばあさんが「おじいさんが地蔵さんにばけて、
畑のまん中に立ったらどうじゃろう、猿たちも
お地蔵さんの前ではおとなしゅうなるかもしれん。」
「それはいい考えじゃ。さっそくやってみよう。」
おばあさんは 米の粉をおじいさんの体じゅうに
まぶして、赤いよだれかけをかけた地蔵さんに
ばけさせ畑のまん中に立たせた。そこへ猿たちが
やってきて「こりゃありっぱなお地蔵さんじゃ。
こんな所じゃもったいない、山の上のお堂に
おうつししよう。」それを聞いたおじいさんはびっくり
しましたがじっとだまってがまん。さるたちはおじいさんを
かついで「わっせ、わっせ」と山の方へ運んでいった。
途中で川にさしかかると猿たちは
「さるのおしりをぬらすとも、地蔵のおしりはぬらすなよ」
とうたいながら、わたったそうな。おじいさんは、
その歌がおかしくてふきだしそうになるのを、
じっとがまんしておった。やがて山のお堂につくと猿たち
はどこからか、お供えをいっぱいもってきて、
お地蔵さんの前に積み上げて、むにゃむにゃ拝んで
どっかへいってしもうた。おじいさんは、
そのお供えものを両手いっぱいかかえて
うちにもどりおばあさんにわけを話したと。
それを聞いたとなりの欲張りじいさんとばあさん。
さっそくまねしをしてばあさんはじいさんに
白い米の粉をまぶして畑のまん中にたたせたそうな。
すると、また猿がやってきて「あれえ。お地蔵さん。
どこへ行ったんじゃろと思ようったら、こげな所にござる。
早く山のお堂へお移ししよう」
よくばりじいさんをかついで山へ向かったそうな。
やがて、川にさしかかったら、また猿たちは
「さるのおしりをぬらすとも、地蔵のおしりはぬらすなよ」
よいやさ、よいやさと歌いながら、川の中へ入って
いったそうな。よくばりじいさんは、その歌があまりにも
おかしかったので、「ぶっ」とふきだしてしもうた。
「ありゃ。こりやあ、お地蔵さんじゃねぇ。人間だ!」
猿たちはおこって、おじいさんをひっかいて川へ
ざぶ〜んとほうりだしてしもうた。よくばりじいさんは、
お供えものはもらえず体中きずだらけになって、
やっとの思いでうちに帰ったじゃと・・サ・