背くらべ


柱のきずは おととしの
五月五日の 背くらべ
ちまきたべたべ 兄さんが
はかってくれた 背のたけ
きのうくらべりや なんのこと
やっと羽織の 紐のたけ

柱にもたれりゃ すぐ見える
遠いお山も  背くらべ
雲の上まで 顔だして
てんでんに背伸び していても
雪の帽子を ぬいでさえ
一はやっぱり 富士の山



作詞  海野厚
  作曲  中山晋平