荒城の月
作詞  土井晩翠
作曲  滝廉太郎


春高楼の花の宴  
めぐる盃かげさして
千代の松が枝わけいでし
昔の光いま何処

秋陣営の霜の色
鳴き行く雁の数見せて
植うる劔に照りそひし
昔の光いまいづこ

今荒城のよはの月
替わらぬ光たがためぞ
垣に残るはただかつら
松に歌ふはただあらし

天上影は替らねど
栄枯は移る世の姿
冩さんとてか今もなほ
鳴呼荒城のよはの月