一寸法師



指にたりない 一寸法師
小さなからだに 大きなのぞみ
おわんのふねに はしのかい
京へはるばる のぼりゆく


京は三条の 大臣どのに
かかえられたる 一寸法師
法師 法師と お気に入り
姫のおともで 清水へ


さてもかへりの 清水坂に
鬼が一匹 あらわれいでて
くってかかれば その口へ
法師たちまち おどりこむ



針の太刀をば さかてに持って
ちくりちくりと 腹中つけば
鬼は法師を はき出して
いっしょうけんめい にげて行く


鬼が忘れた 打出のこづち
打てばふしぎや 一寸法師
一打ちごとに 背がのびて
今はりっぱな 大男






作詞 巌谷子波
作曲 田村虎蔵