船頭さん



村の渡しの船頭さんは
今年六十のおじいさん
年はとってもお船を漕ぐ時は
元気一ぱい櫓がしなう
ソレ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ

雨の降る日も岸から岸へ
濡れて船漕ぐおじいさん
今日も渡しでお馬が通る
あれは戦地へ行くお馬
ソレ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ

村の御用やお国の御用
みんな急ぎの人ばかり
西へ東へ船頭さんは
ソレ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ

作詞 武内俊子
作曲 河村光陽