クロマルハナバチ 目名・・ハチ目 
  科名・・ミツバチ科
戻る
本州から九州にかけて分布する。国内には十種類種が棲息しているマルハナバチの仲間は体全体が長い毛に覆われており、
体長が2pを超えるものもあり、昆虫としては大型の部類に入ります。大きなおなかはタンク(蜜胃)になっていて、自分の体重と同じ位の
蜜を入れることができます。また、後ろ足には、花粉かごとよばれる部分があって、集めた花粉をここにくっつけて運びます
花の花粉媒介者として有用な昆虫で土の中に巣穴を堀り、花粉や蜜を貯めて産卵する。ふ化した幼虫はそれらを食べて成虫になる。

GWに入り庭が急に賑やかになった。体長20〜30ミリほどの体全体が黒い毛で覆われて尻の部分だけ茶色になっている大きなハチ・・マルハナバチ
朝早くから夕方までブンブンと音をたてセッセッと蜜と花粉集めに忙しい・・種類は?クロマルハナバチかな?コマルハナバチかな?
どちらか判断に困った・・たぶんコマルハナバチと思うが・・人間を刺すことはないと知り近寄ってよく見るとなんとも可愛い?不気味?
でも!小さな花に大きな体を宙づりさせての必死のこの姿・・少し感動しませんか・・
(~o~)
花粉奮闘ナンチャッテ・・(下写真黄色く写ってるのが花粉かごに貯めた花粉です)

君が飛んでくる途中には綺麗
花が一杯咲いているのに他の花には
目もくれず、我が家のブルーベリ-
目指してきてくれて有難う・・
自然植生の影響を受けて
君達の仲間も減少しつつ有ると聞き
少し心配しましたが今年も
元気な姿見せてくれてホットしたよ。
がんばれ〜〜

花から花へジャンプ・・(^^)v

2008年5月1日〜5月3日にて撮影
写真はトリミング加工しました